わたしのステーション

【エコバッグ、プチアレンジ♡ vol.1】どうぶつブローチ

2022.5. 2

      

title02.jpg

ステーションwebでは、ちょっとしたお家時間を楽しんでいただけるよう「暮らしのヒント」を発信しています。新企画「エコバッグ、プチアレンジ♡」がはじまります♪


-vol.1-

tam-ramさんの、どうぶつブローチ


01.jpg

普段何気なくためていたリボンやボタンを見直してみたり、かわいい布やチャームを手芸店でみつけてみたり、お子さんの道具入れを作ったあとのハギレが愛おしくなった時など、手作りスイッチを見つけてみませんか。
チクチクと縫い続けるだけで作品ができるとテンションが上がりますよね。普段使いのシンプルなエコバッグに、ちょっと手を加えるだけでかわいくなるアイデアを作家さんに教えていただきます。学生時代、通学バッグにキーホルダーやマスコットをつけて楽しんだように、大人になってもマイバッグにちょっと手を加えて、毎日のおでかけを楽しくしてみませんか。

今回は、様々な刺しゅう作品を手掛けていらっしゃる、tam-ramの田村 里香さんに、基本のステッチでできるかわいいどうぶつブローチの作り方を教えてもらいました!

【材料】

02.jpg

・刺しゅうしたい布
・ブローチピン
・フェルト(白)
・フェルト(カラー)
・刺しゅう糸
・木工用ボンド

【図案】

「HELLO!」などの文字はお子さんのお名前や、好きな言葉にしてもステキですね♪


※刺しゅう糸はすべて2本取り
※指定以外はすべてサテンステッチ
※「HELLO!」などの文字はアウトラインステッチ

サテンステッチについてはこちらをチェック!

zuan1.JPG

zuan2.JPG

zuan3.JPG

zuan4.jpg

【作り方】

1.布に図案を写す

布を一番下に敷き、チャコペーパー、図案、セロハンの順で重ねてボールペンで図案をなぞります。

04.jpg

05.jpg

2.刺しゅうをする

顔→耳→ボディ→シッポ→文字→リボン→耳の内側→目、鼻、ヒゲの順で刺します。


06.jpg07.jpg

08.jpg

3.フェルトを用意する

刺しゅう布、白色、カラーのフェルト3枚を用意します。
白色のフェルトを間に挟むと、刺しゅう布がきれいに見えます。


09.jpg

4.カラーのフェルトにブローチピンをつける

アクセントになる色で縫うとかわいいです♪

09_2.jpg

5.ボンドで貼り合わせる

フェルトB、フェルトA、刺しゅう布の順で合わせ、ボンドで貼り合わせます。

10.jpg

6.カットする

ボンドが乾いてからよく切れるハサミで刺しゅうより大きめにカットします。

11.jpg

完成!

刺しゅう布がほつれるようなら布の端にボンドを塗ってください。

12.jpg

エコバッグにつけてみると・・・

パステルカラーがアクセントになってとってもステキですね♪お子さんの習いごと用バッグなどにもつけると喜んでくれそうですね!

13.jpg

「エコバッグ、プチアレンジ♡」いかがだったでしょうか?次回からも、人気作家さんが続々登場!お楽しみに♪

index_ttl_teacher02.jpgtam-ram 田村 里香さん

ホームページは こちらから
ステーションWEBママの手作り体験記はこちら
十代の後半から独学で刺しゅうをスタート。徐々に刺しゅう作家としての活動の範囲を広げ、2005年5月に自身のアトリエ&ショップ「tam-ram」をオープンさせました。柄や色を組み合わせた、優しくカラフルな作品たちが印象的。現在は教室も大人気で、多くの生徒さんの指導をしています。

      
お寄せいただいた方の中から抽選で毎月6名様に豪華プレゼント!

プレゼント賞品詳細はこちら

[応募方法]
以下フォームから投稿項目「わたしのステーション コメント」を選んで、コメント欄に感想と希望商品をご記入ください。

フォームはこちらから